若者7500万人が無職にあえぐ世界の暗い未来

超高齢社会の到来は日本だけの問題ではない

一方、途上国で比較的多いのが、無給で家業を手伝う若者たちだ。彼らはまだ若いうちから家業を手伝うか農場で働きはじめる。世界銀行の見積もりによれば、ザンビアでは働いている10代の若者の99パーセントが、そのパターンに当てはまるという。

働かないよりはましにしろ、こうした非公式の仕事は何の規制もなく、賃金も低く労働条件も悪く、社会福祉も何の保障もない。特に中東とアフリカの若者はその犠牲になりやすく、たとえ就けたとしても職の質について不満が大きい。国際労働機関が調査した若者のうち、58パーセントがいい仕事に就けるという希望を捨てていた。先進国でも、24歳以下の若者の3分の1が派遣契約で働いている。

北欧に解決策を学ぶ

ほとんどの人は、貧困に苦しむ者の少ない平等な社会を望む。とはいえ、社会の上位に君臨する一部の者たちは、そう簡単に自分たちの影響力を手放そうとはしない。多くの人が考えるように、平等な社会を実現するためには、その構造を変えなければならない。そのお手本をどこで見つければいいのか。

格差の少ない社会は、欧州北部の小さな国に多い。スカンジナビア諸国とオランダが実施する実効性の高い政策を、他の国でも適用できるかどうかについて、詳しく検討してみる価値はあるだろう。

『〔データブック〕近未来予測2025』(早川書房)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

私たちがインドのバンガロールで、教育をテーマにしたワークショップを開いたときのことだ。インド政府のある代表はこう言った。なるほどフィンランドの学校制度は世界トップクラスだが、人口13億人を超えるわが国のモデルにはなりえない、と。すると、他の代表が彼の意見に異を唱え、北欧のアプローチは確かに人口の少ない国に焦点を合わせたものだが、その成果にはもっと注目すべきだと答えたのだ。

いまはまださほど極端なレベルではないにしろ、北欧諸国でも高齢化が進展し、若者の失業率も約2割にのぼる。それでもなお、北欧社会は移民を受け入れ、人口の男女比のバランスにも優れ、高い教育水準を維持し、その医療制度は世界でも最高水準を誇る。しかも、経済は成長し続けている。

国連開発計画は、「不平等調整済み人間開発指数(IHDI)」を公表している。保健、教育、所得の3つの側面について、各国における達成度を測る指数だ。2015年までの10年間、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、オランダの4カ国がIHDIの上位国から落ちたことはない。本稿で述べた問題の解決法を探すとき、スカンジナビア諸国やその周辺国のアプローチに、学ぶ点がたくさんあるのではないだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。