なぜバラエティ番組にパクリが蔓延するのか

面白いものを作るという気概が削がれている

現在のバラエティに感じていることをラサール石井氏に聞く(写真:KOTO NAKAJIMA)

コント赤信号のメンバーとして、1980年代からテレビバラエティの第一線で活躍してきたラサール石井氏。近年は舞台演出家としての評価も高いが、テレビ、芸能、時事など社会全般に対する舌鋒鋭い論客でもある。そんな石井氏に、現在のバラエティに感じていることを聞いてみた。

面白いものを作るという制作者の気概が削がれる理由

――まず、今時のテレビバラエティについて率直に感じられていることは?

当記事は『GALAC』6月号(5月7日発売)からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

大まかな印象ですが、今時の制作者はこの番組がいいと思ったら、すぐ右に倣えしてしまう感じですかね。昔は、他局がこんなのをやっているなら、ウチは違うもので勝負するというのが基本だったと思うんです。まぁ、「ああいう感じで、なんか違うものはできないか」ということはあったと思いますが、少し真似するときはある種の罪悪感というか、後ろめたさは付きまといました。それが今は、もう当たり前のようにパクってしまう。情報系のバラエティの何割かは「ホンマでっか!?TV」のフォーマットそのまんまです。テーマがあって、専門家の軍団がいて、司会が聞くみたいな。

――今の30代以下の制作者はデジタル世代、リミックス世代で、あるパーツを“借用”“引用”するのは当たり前の感覚だとか。またデジタルというのはデータが簡単にコピーできるというのが特徴ですね。

あぁ、そうですね。信じられないのは今、他局の番組でなく局内のものでもパクることです。昔は、局内はすごくライバル意識が強くて、あの「班」があれやってるなら、ウチはこれをやってやるというのが当たり前だったんですがね。わかりやすく言えば仲が悪かったし、それはキー局と系列の地方局の関係もそうでした。でも、それはいい意味での緊張感というか、せめぎ合いがあったからだと思うんですよ。

次ページ番組がどんどん営業物件化
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。