マレーシアの歴史的政権交代はなぜ起きたか

そのとき、現地の人々が取った行動とは?

5月9日に投票が行われたマレーシア議会下院選挙は、92歳のマハティール元首相が率いる野党連合が過半数議席を獲得して勝利した(写真:Lai Seng Sin/REUTERS)

 歴史的な政権交代となったマレーシア。5月9日の第14回下院議員選挙では、連立与党「国民戦線(BN)」が、92歳のマハティール・モハマド元首相が率いる野党連合「希望連盟」に敗れ退陣した。1957年の独立以来、初の政権交代。現地から人々の様子をレポートする。

諦めが「驚き」に変わった夜

「奇跡だ」「信じられない」という声。

大方の予想に反し、なぜ92歳の元首相が率いる野党連合が、独立以来の長期政権を破ったのか。

政権交代の背景には、長期政権による汚職やスキャンダルがあった。政府系ファンド「1MDB」をめぐる汚職事件で、ナジブ・ラザク前首相の関与が疑われた。消費税の導入にも根強い反対がある。

マレーシアには人口の過半数を占めるマレー系に加え、華人、インド人という3大民族が住む。飲酒をせず豚肉も食べないイスラム教徒のマレー系に対し、豚肉を食べ飲酒をする華人、さらにはタミル語やヒンドゥー語を話すインド人と、それぞれがコミュニティを形成。まったく文化も宗教も異なる3民族が微妙なバランスで共存してきた歴史がある。

長年の与党だった「国民戦線」は最大民族であるマレー人をブミプトラ政策で庇護し、彼らから支持を得てきた。ところが今回、マレー人の中にも野党に鞍替えする人が現れたのだ。この現象はマレーシアでも日本語で「マレー津波(Malay Tsunami)」と表現された。

次ページ選挙直前には「偽ニュース禁止法」が成立
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。