じわり値上げ時代、効果的な3つの買い物術

「底値にこだわる」が最大の家計防衛になる

「数%の値上げを乗り切る」には、どうしたらいい?(写真:AH86/iStock)

納豆やティッシュなど、値上げが相次いだこの春。今回は「物価上昇対策」を考えてみたいと思います。物価上昇と聞いて、ピンとこない人も多いでしょう。なぜなら、バブル崩壊から20年ほどデフレが続き、また技術革新や企業努力により、モノの値段が下がる時代が長かったためです。

ユニクロを中心としたアパレル製品や、液晶テレビを中心とした家電製品がいい例です。かつて「1インチ1万円(以上)」であった液晶テレビですが、今では30インチの液晶テレビが3万円以下で買えます。

始まったじわり値上げ時代

こうした状況を受け2013年以降、安倍政権は大規模な金融緩和を実施し、デフレ脱却を目指しました。物価変動の指標となる「消費者物価指数」は近年思うように上昇してはいないものの、最近では少しずつ値上げのニュースが増えています。

2017年6月には郵便料金が値上げがされ、通常ハガキは52円から62円になりました。郵便料金の値上げは消費増税時の増税分の転嫁を除き、22年ぶりだったため、大きなインパクトがありました。

次ページお値段据え置きの「実質値上げ」にも注意が必要
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。