朝鮮半島全域が「中国の勢力圏内」に収まる日

「現状維持」が日本にとって最も望ましい

これに対して中国は、この可能性を計算に入れつつ、今回の南北朝鮮の融和のために戦略的に動いていたかもしれない。そのような不気味な予感が筆者にはある。

第三に、南北朝鮮の融和への機運が、朝鮮民族のナショナリズムに駆り立てられていることの危険性を見逃すべきではない。実際、板門店宣言は次のように、北朝鮮と韓国が共有するナショナリズムを高らかにうたっている。

「南と北は、南北関係の全面的で画期的な改善と発展を実現することで、途絶えた民族の血脈をつなぎ、共同繁栄と自主統一の未来を早めていくだろう」

「南と北は、わが民族の運命はわれわれ自ら決定するという民族自主の原則を確認し、すでに採択された南北宣言やすべての合意などを徹底的に履行することで、関係改善と発展の転換的局面を切り開いていくことにした」(強調部分は筆者)

「共通の試練」は日本による植民地支配の歴史

マッキンダーが洞察したように、ナショナリズムの観念は「通常、ある共通の試練や、ある共通の外圧に対する抵抗の必要性の下で受け入れられてきた」のであるが、北朝鮮と韓国にとって、その「共通の試練」がかつての日本による植民地支配の歴史であることは論を待たない。

『富国と強兵 地政経済学序説』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

おそらく、北朝鮮と韓国が連帯を強めようとすればするほど、朝鮮のナショナリズムは高揚し、そして共通の敵としての日本の存在がクローズ・アップされてくることだろう。南北朝鮮の融和が進めば進むほど、両国と日本との間の歴史問題や領土問題を巡る対立はいっそう先鋭化することになるのだ。

こうして、板門店宣言が実行された場合に起きるであろう3つの地政学的変化は、いずれも日本を地政学的な不利に追い込んでいくことになると予測できるのである。

だとすると、現時点の日本にとって最も望ましいのは、「アメリカによる北朝鮮への武力攻撃には至らないが、北朝鮮と韓国の融和は進まない」という状態、すなわち「現状維持」だということになるであろう。

身もふたもない結論と思われるかもしれない。

しかし、われわれは、この複雑怪奇な東アジア情勢の中を生き抜こうとする以上、「平和が紛争をもたらし、紛争が平和をもたらす」というパラドクスを冷徹に直視し、戦略的な判断を下さなければならないのである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT