無責任なヤツほど出世する残念な職場の正体

説得力のある嘘つきが支配力を持つカラクリ

その結果、

◯学歴、及び早い時期での評価が圧倒的に重要

◯交渉力、運への自信、指導力、昇進意欲などが重要

◯忠誠心、明るさは関係ない

さらに、

◯責任感や几帳面さは、昇進にマイナスに作用

そう。なんと35項目の中で、「責任感」と「几帳面さ」だけが、統計的有意に昇進にマイナスに作用し、

「責任感の強いことは、昇進を妨げる可能性が高い」

という、なんとも残念な結果が得られてしまったのである。

東芝の末路を予見していた調査結果

また、論文では調査対象とした6社別の分析も行い、次のことが判明した。

日本電気――忍耐力、弾力的計画力、批判精神が重要
日立製作所――やる気、押し、社交性、闘争心などが重要
東芝――柔軟な考え、弾力的計画力、批判精神などが重要。責任感はマイナスに作用
三井物産――交渉力、運への自信、体力などが重要
三菱商事――ほとんど関連なし。強いていえばモチベーション
日商岩井――ほとんど関連なし。強いていえば運への自信

統計分析では、N(分析する人数)が減ると有意になりづらいという特徴がある。企業別にすると必然的に各々のNも減る。それでも東芝だけ有意に「責任感の高さはマイナス」という結果が示されたのは、昇進との関連性の強さを窺わせる結果と解釈できる。

東芝だけが「責任感」がマイナス……。その後の末路を予見している結果が出ていたのである。

次ページ嘘や責任逃れをする人が重宝されている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 溺愛されるのにはワケがある
  • iPhoneの裏技
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。