財務省、福田前次官のセクハラ行為を認定

「減給20%・6カ月」の懲戒処分に

 4月27日、財務省は福田淳一前事務次官によるセクハラ行為があったと認定し、「減給20%・6カ月」の懲戒処分に相当すると発表した。2009年3月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - 財務省は27日、福田淳一前事務次官によるセクハラ行為があったと認定し、「減給20%・6カ月」の懲戒処分に相当すると発表した。同省の矢野康治官房長が記者会見で語った。減給分は退職金約5300万円から差し引く。

矢野官房長は会見の冒頭、「誠に遺憾で深くお詫びする」と陳謝した。会見に先立ち、セクハラ行為を受けたとされる女性記者が在籍するテレビ朝日に対し謝罪したことも明らかにした。

財務省によると、福田氏本人はセクハラの事実を否定しているものの、4月4日に飲食したことは認めた。テレ朝側が記者会見で明らかにした内容を覆すだけの「反論・反証を示していない」ことが判断の理由としている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。