魔物が棲む箱根駅伝予選会の“戦い”とは?

初の地上波生放送で試したい、新たな鑑賞法

筆者は今回の予選会に出場する有力大学15校の指揮官たちを取材したが、「通過が13校に増えても余裕はありません」と話す大学が多い。29年ぶりの予選会となる名門・中大は、学生三大駅伝のひとつである出雲駅伝を1、2年生主体のチームで出場。主力メンバーを箱根駅伝予選会1本に集中させているほどだ。

また、今回はほとんどの大学が、当日のレースで「集団走」を考えている。集団走とはチーム内の数人が文字どおり集団を形成してレースを作ることだ。集団の中には「ペースメーカー」となる選手がいて、前回の予選会では、箱根駅伝5区で快走した服部翔大(日体大)がこの役を担った。故障明けだったエースが集団を引っ張ることで、ほかの選手の力を引き出すことに成功。日体大は予選会を断トツトップで通過した。

なぜ集団走なのか。その最大のメリットは「確実性」だ。ひとりがペースメイクするだけでいいので、ついて行く選手は心身ともに楽になる。苦しくなっても、集団心理が働き、デッドポイントを乗り越えやすい。一方、この集団走が乱れると、チームの戦術は一気に崩壊する。前回落選した東海大、国士大、亜細亜大も「集団走」を試みたものの、うまく機能せずに後半大きく後退した。

予選会では特にチーム8~10番目の選手が何位で入れるかがポイントで、ここで大きく取りこぼすと、夢舞台が遠のくことになる。そこで、主力の快走がもたらす数十秒の貯金(の可能性)には目をつぶり、ほかの選手が設定タイムから大きく遅れないようにチームをコントロールするのが、予選会のオーソドックスな戦い方になりつつある。

今回の予選会は出場枠が増えたことで、無理をさせずに、「確実通過」を目指している大学が多い。そのほとんどは、エース級の選手が個人走でタイムを稼ぎ、そのほかの選手は集団走で安全運転という作戦を考えている。当日の天候などを考慮して、指揮官たちがペースメーカーにどんな指示を出すのか。この“判断”が勝負のカギを握ることになるだろう。

ただし、当然のことながら、集団走での好タイムは箱根駅伝では通用しない。本番ではチームメートの助けはないからだ。指揮官から指示があるとはいえ、タスキを受け取った後は、自分の判断でレースを組み立てなければならない。本戦と予選会では、選手に求められる質が違ってくる。

「駅伝につながらない集団走では意味がありませんが、確実に通過するためには仕方ない部分もありますね」と話す監督もいる。出場枠の多い今回ですら、指揮官たちは神経をすり減らしながら、予選会に合わせている。

次ページ大学関係者も注目
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT