サプリメントだけで人間は生きていけるのか

太らない、健康維持、といいこと尽くめに見えるが…

サプリの活用法

栄養不足を補うサプリだが、「あれもこれも」と飲んでいるうちに過剰摂取に陥り、健康を害することにもなりかねない。しかし、飲み会前にはドリンク剤を飲んで、翌朝スッキリという人もいるなど、サプリを活用している人は多い。では、日常生活でどうサプリと付き合えばよいのだろうか。

「一般的に飲酒の前にウコンを飲むと二日酔いになりにくいと言われていますが、その効能効果の科学的根拠は乏しい。肝臓が悪い人がウコンを飲むと逆に肝機能が悪化することもあります。若い世代の方は、サプリの活用よりもバランスのよい食事を取ることを考えてください。食事だけでも、体に必要な栄養素を補うことは十分可能です」(西﨑副院長)。

しかし、目に効くといわれるブルーベリーや、肌によいとされるコラーゲンなど、健康にプラスアルファになりそうなサプリは、山ほど店頭に並んでいる。グッと我慢と言いたいけれど、サプリ生活に慣れていると、飲まないとなんだか元気が出ないような……。

「健康の基本はバランスのよい食生活です。若い頃から食生活に注意することによって、中高年になっても健康の維持が可能といえます。食生活の見直しをしたうえで、サプリを活用するならば、1~2種類にとどめましょう。飲みすぎはよくない。複数を併用すると過剰摂取になりかねません。どれを活用してよいのかわからないときには、サプリメントアドバイザーの資格を持つ薬剤師や栄養士などに相談してみてください」と、西﨑副院長はアドバイスする。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング