珈琲カスと電池液体を混ぜて「黒胡椒」に細工

ベトナムで5人逮捕、食品安全規則違反で

[ハノイ 24日 ロイター] - ベトナム公安省の公報紙によると、電池から抽出した二酸化マンガンで作った黒いタール状の液体でコーヒー豆のカスを染め、黒胡椒業者に販売したとして、5人が食品安全規則違反で警察に逮捕された。

警察は、ダクノン省にある主犯格の拠点から、黒い液体40リットル、液体と混ぜたコーヒー豆のカス21トン超、および使用済み電池の一部など200キロ以上を押収した。

混合胡椒を何年にもわたって販売

ダクノン省はコーヒーおよび胡椒の一大生産地。

製造された混ぜ物3トンが近隣のビンフオック省の黒胡椒業者に販売され、会社からはこの物質と混ぜられた胡椒9トンが押収された。同社は、この混合胡椒を何年にもわたって販売していたとみられている。

胡椒の業界団体は「人々の健康に脅威を与える恐ろしいことだ」とした上で、「業者は小規模な会社で、この汚い物質が輸出される可能性はないと思う」と述べた。

罪状が確定すれば、5人は最高20年の禁錮刑を受ける可能性があるという。

関連記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。