珈琲カスと電池液体を混ぜて「黒胡椒」に細工

ベトナムで5人逮捕、食品安全規則違反で

[ハノイ 24日 ロイター] - ベトナム公安省の公報紙によると、電池から抽出した二酸化マンガンで作った黒いタール状の液体でコーヒー豆のカスを染め、黒胡椒業者に販売したとして、5人が食品安全規則違反で警察に逮捕された。

警察は、ダクノン省にある主犯格の拠点から、黒い液体40リットル、液体と混ぜたコーヒー豆のカス21トン超、および使用済み電池の一部など200キロ以上を押収した。

混合胡椒を何年にもわたって販売

ダクノン省はコーヒーおよび胡椒の一大生産地。

製造された混ぜ物3トンが近隣のビンフオック省の黒胡椒業者に販売され、会社からはこの物質と混ぜられた胡椒9トンが押収された。同社は、この混合胡椒を何年にもわたって販売していたとみられている。

胡椒の業界団体は「人々の健康に脅威を与える恐ろしいことだ」とした上で、「業者は小規模な会社で、この汚い物質が輸出される可能性はないと思う」と述べた。

罪状が確定すれば、5人は最高20年の禁錮刑を受ける可能性があるという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?