プロチアリーダーを縛るセクハラまがい規則

「ガムを噛むな」「胸が垂れていてはいけない」

プロのチアリーダーたちは、いまだに40年前とそう変わらない規則を守っている(写真: Ben Solomon/The New York Times)

40年前、ダラス・カウボーイズのチアリーダーの選考を取材したニューヨーク・タイムズ紙記者は、その様子を「ブロードウェイのオーディションのように緊張感があふれるもの」と表現した。「国内で最も羨望の的であり、名高く、引く手あまたの」女性たち150人が、エアコンが効きすぎた部屋で震えていた。

この女性たちは、何週間も続いた壮絶なダイエットについて語った。そして記者は、チアリーダーがただ同然で働いていると記した。報酬は1試合あたり15ドル(税引き後では14.72ドル)だった。

練習スケジュールも厳しく、1晩あたり5時間もの練習が、1週間に5回行われた。さらには、彼女たちはアルコール飲料が提供される場所に行ってはならず、パーティへの出席も一切禁止で、ユニフォームを着ているときにはアクセサリー類をつけられなかった。

「ヘアとメイクは完璧」が求められる

40年後、世界は変わったかもしれないが、プロのチアリーダーのルールは基本的には変わっていないように見える。しかし、NFLが家庭内暴力やセクハラで非難される中(大勢の女性がセクハラ被害を受けたことを訴える「#MeToo」を表明した)、ある種のフェミニズム的な動きが、チアリーディングの世界でも現れ始めているようだ。そして、厳格で、性差別的とも思われるルールに疑問を持つ人も出てきた。

4月初めには多くのNFLチームでチアリーダーのオーディションが行われ、そこには何百人もの女性が参加するが、そこでも疑問は生じる。オーディションに参加する女性は、チームのガイドラインに則って、おなかが隠れない短いトップスを着て、ホットパンツをはき、肌色のストッキングを身に着けなければならない。また、アリゾナ・カーディナルズなどのハンドブックに記されているように、「ヘアとメイクは完璧」であることが求められる。

オーディションでの審査基準は、テクニックや観客を引き付ける力、身のこなしなどだが、多くのガイドラインに書いてあるように、外見も判断基準となる。カウボーイズのオーディション用パンフレットによると、「ユニフォームを着るためには、ムダな贅肉のない体型が求められる」。

次ページガムをかむことなども禁止
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT