福田次官「セクハラ発言したとの認識はない」

辞任否定、「緊張感を持って職務に取り組む」

 4月16日、福田淳一財務次官は、週刊誌によるセクハラ報道に関して、「女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない」とのコメントを発表した。写真は財務省。都内で2009年3月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 福田淳一財務次官は16日、週刊誌によるセクハラ報道に関して、「女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない」とのコメントを発表した。

その上で、「このような報道が出てしまったこと自体が、不徳のいたすところである。反省の上で、緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」とした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。