福田次官「セクハラ発言したとの認識はない」

辞任否定、「緊張感を持って職務に取り組む」

 4月16日、福田淳一財務次官は、週刊誌によるセクハラ報道に関して、「女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない」とのコメントを発表した。写真は財務省。都内で2009年3月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 16日 ロイター] - 福田淳一財務次官は16日、週刊誌によるセクハラ報道に関して、「女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない」とのコメントを発表した。

その上で、「このような報道が出てしまったこと自体が、不徳のいたすところである。反省の上で、緊張感を持って職務に取り組んでまいりたい」とした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ザ・名門高校 校風、進学実績、人脈の大研究

復活の日比谷、すごいOBネットワークを持つ開成・灘…。名門と呼ばれるのには「ワケ」がある。歴史、校風、進学実績、そして人脈。北海道から沖縄まで全国の高校を徹底研究。