「ゲティ家の身代金」は88歳の名優に救われた

開催!東洋経済オンライン読者限定試写会

5月25日公開予定の映画『ゲティ家の身代金』。ハリウッドのスキャンダル騒動で、石油王ジャン・ポール・ゲティ役だった俳優が降板。88歳の名優・クリストファー・プラマーが急きょ代役を務めることになった(東洋経済オンライン読者向けプレミアム試写会への応募はこちら) ©2017 ALL THE MONEY US, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

セクハラ被害を告発する「#Me Too」「Time's Up」ムーブメントがハリウッドに広がって久しいが、5月25日公開予定の映画『ゲティ家の身代金』は、このムーブメントを今後語るうえで欠かせない1本になるだろう。といってもそれは内容面というより、本作の制作過程で大きく影を落とした――という点においてだ。

5月10日(木)にプレミアム独占試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

本作のメガホンを取ったのは『エイリアン』(1979年)、『ブレードランナー』(1982年)など幅広いジャンルで数々の名作を世に送り出してきたリドリー・スコット監督。現在80歳のスコット監督の創作意欲はますます旺盛で、近年も『オデッセイ』(2015年)や『エイリアン: コヴェナント』(2017年)など数々の話題作を発表している。そんな巨匠が最新作の題材に選んだのは、『フォーチュン』誌によって世界初の億万長者に認定された、実在のアメリカ人石油王ジャン・ポール・ゲティをめぐる事件だった。

石油王ゲティの孫が誘拐された事件を映画化

世界でも屈指の大富豪でありながら、(それゆえに?)希代の守銭奴であったゲティは、1973年に最愛の孫が誘拐された際も、身代金1700万ドルの支払いを拒否。総資産額50億ドルと言われた彼の懐具合からすれば、そんな額を支払うのはたやすいだろう――という考えは彼には当てはまらない。

次ページ身代金を拒否するゲティ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT