地震から2年「南阿蘇鉄道」の復旧が始まった 「マンガよせがきトレイン」も復興に一役

印刷
A
A

南阿蘇鉄道は現在、運行しているのは中松―高森間のみだ。乗車時間20分足らず、走行距離にして7.1km。震災の影響で、線路や鉄橋に被害を受けた立野―中松間(10.6km)は運休したままである。

5年ほど前に旅行目的で訪れた時は、熊本からJRの「特急あそぼーい!」に乗車し、立野駅から南阿蘇鉄道の「トロッコ列車」に乗り換え、高森駅まで行くことができた。

震災後、列車に乗るために中松駅、高森駅に行くには、バスやレンタカーなどを組み合わせて行くしかなく、まさに陸の孤島と化している。立野駅を出発し、陸橋を渡るときにワクワクしたあの景色は、もう拝めないのだろうか……。

2022年度には全線復旧へ!

着工式の様子。地元、高森高校の生徒らも式典に参加した(撮影:坪内政美)

だが、くしくも取材したその日、立野では着工式が行われていた。懸念していた立野―中松間の復旧工事が、なんとこの日から始まったのだ。どうやら昨年12月、復旧費の97.5%を国が負担することが決定し、この日に着工となったとのこと。工事の概要説明では「2022年度には全線復旧を目指す」と発表され、会場がどよめいた。

『月刊!スピリッツ5月号』には今回の取材を漫画にした「おんな南阿蘇鉄道ひとり旅」が掲載されている。犀角山トンネルはこのような工事を行う

当初の計画では、犀角山トンネルを修復するための工事費がかさむ様子だったが、トンネル自体を全撤去することで費用がかなり削減された。歪んでしまった第一白川橋梁は、すべて分解し、組み立て直すとのこと。大胆な発想の工事に、すっかり感心してしまった。

式典には高森町長、熊本県副知事はじめ、国土交通省職員や地元県議会議員など、関係者約100人が参加していた。上空にはヘリコプターが飛び、マスコミも大勢来ていた。復旧への注目度の高さが伺えた。

次ページ観光客はなかなか戻らず
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT