4月10日は駅弁の日…そして船旅には「港弁」

駅弁、空弁だけでなく「海」にもあった!

八幡浜名物がぎっしりつまった港弁「はもひつまぶし弁当」。魚の形の弁当箱がかわいらしい(撮影:坪内政美)

4月10日は「駅弁の日」。列車に揺られながらすばらしい景色を眺めつつ、おいしい駅弁を食べる。私にとって、鉄道旅の最大の醍醐味だ。

実はそれが船でもできることがわかった。「港弁」(みなとべん)をご存じだろうか。鉄道旅には「駅弁」、空の旅には「空弁」、船の旅には「港弁」。

「あけぼの丸」や「あかつき丸」など、寝台特急のような名前のフェリーを運航している愛媛県八幡浜市の宇和島運輸(東洋経済オンライン2018年4月1日付記事「寝台特急っぽい名前のフェリーに乗ってみた」参照)の本社があるビルの3階に、「レストランマリン」というレストランが入っている。どうやらこちらで「港弁」が買えるらしい。

ちゃんぽんを食べたレストランで…

この連載の記事一覧はこちら

実はレストランマリンには3年前に1度訪れたことがあった。雑誌のルポ取材の行程で、松山に1泊、翌朝、八幡浜港から船で別府に渡るというスケジュールだった。

その際、松山在住の漫画家・和田ラヂヲさんに声をかけ、特別ゲストでご飯を一緒に食べるシーンで雑誌に出ていただいた。翌日に八幡浜港から船に乗ることを伝えると、私が麺好きなのを知ってか、「八幡浜はちゃんぽんが有名だよ」と教えてくれた。

しかし八幡浜駅に到着してから船に乗るまで、あまり時間に余裕がない。「港のビルのレストランが、確か朝早くから開いてたよ。そこにもちゃんぽんあったよ」。

これはぜひとも食べねばなるまい。

はたして、レストランマリンは朝8時20分からオープンしていた。早速ちゃんぽんを注文し、周りを見渡すと「八幡浜ちゃんぽんマップ」というチラシが置かれてある。どうやら町をあげて、ソウルフードのちゃんぽんを押しているらしい。見たところ、40軒以上の店でちゃんぽんを出しているようだ。これはこれで、また食べ歩きに来たい。

次ページちゃんぽんはうまかったが、港弁はどうか?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。