寝台特急っぽい名前のフェリーに乗ってみた

あけぼの、あかつき、さくら…命名のワケは?

豊後水道を航行するあけぼの丸。郵便マークに似た「宇」のマークは、かつて郵便物を運んでいたことから(撮影:坪内政美)

あけぼの、あかつき、さくら……

そう聞いて思い浮かぶのは、かつて走っていた寝台特急ではないだろうか。

しかし実はこれら全部、船の名前なのだ。

所有しているのは、愛媛県八幡浜市に本社を置く宇和島運輸株式会社。愛媛県の八幡浜港と、大分県の別府港・臼杵港をそれぞれ海路で結ぶフェリー航路を運営している会社だ。

調べてみると、船名だけでなく、ほかにも「ノビノビシート」「女性専用席」など、まるで寝台特急を連想させるかのような名称が出てくる。寝台特急好きとしては大変気になったので、現在運行している「あけぼの丸」「あかつき丸」にそれぞれ乗船してみた。

「ななつ星」並みの「あけぼの」

この連載の記事一覧はこちら

あけぼの丸は2017年12月に就航した、まだ出来たてほやほやの新造船だ。総工費はなんと30億円!これはJR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星in九州」の総工費とほぼ同じである。

あけぼの丸には最新式のエンジンと、横揺れ防止のためのフィンスタビライザーが取り付けられている。フィンスタビライザーとは、船底近くの左右両側に付けられた羽のようなもので、角度を変えて揺れを打ち消し、船を安定させる装置だ。自動車を積み込む車両甲板から客室のある2・3階へは、エレベーターも設置されている。

「宇」のマークが掲げられたエントランス。ここが船の中だとは信じられない(撮影:坪内政美)

設備はもちろんだが、エレベーターを降りた目の前のエントランスが豪華で、まず驚いた。同社のウェブサイトに掲載されたあけぼの丸の紹介にも「モノトーンの空間に、落ち着いたダークブラウンの木目と、光沢を生かした素材を組み合わせたシックでモダンな船内」とあったが、絨毯や壁紙など隅々までデザインにこだわっているのがよくわかる。一瞬、ここが海の上だということを忘れそうになった。

次ページシートの名前も寝台列車のよう
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT