中国ニュースアプリ大手、当局の指示で削除

今日頭条の「ジョーク共有アプリ」は野卑?

 4月11日、中国のニュースアプリ大手「今日頭条」は、ジョーク共有アプリ「Neihan Duanzi」について、「野卑で不適切な内容」を含むとの当局の指摘を受け、削除するよう指示された。中国では、オンライン・コンテンツに対する規制が強化されている(2018年 ロイター)

[北京/上海 11日 ロイター] - 中国のニュースアプリ大手「今日頭条」は、ジョーク共有アプリ「Neihan Duanzi」について、「野卑で不適切な内容」を含むとの当局の指摘を受け、削除するよう指示された。中国では、オンライン・コンテンツに対する規制が強化されている。

中国国家広播電影電視総局(SARFT)は10日、このアプリの低い価値観は「ネット市民の間に強い不快感」をもたらしたとして、永久削除を指示した。

今日頭条は国内で最速の成長を見せているハイテク新興企業の1つだが、今週には張一鳴・最高経営責任者(CEO)が不適切な投稿などの問題発生で検閲人員を6000人から1万人に増やすとする謝罪文を発表するとともに、主要モバイルアプリの提供を中止した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT