中国ニュースアプリ大手、当局の指示で削除

今日頭条の「ジョーク共有アプリ」は野卑?

 4月11日、中国のニュースアプリ大手「今日頭条」は、ジョーク共有アプリ「Neihan Duanzi」について、「野卑で不適切な内容」を含むとの当局の指摘を受け、削除するよう指示された。中国では、オンライン・コンテンツに対する規制が強化されている(2018年 ロイター)

[北京/上海 11日 ロイター] - 中国のニュースアプリ大手「今日頭条」は、ジョーク共有アプリ「Neihan Duanzi」について、「野卑で不適切な内容」を含むとの当局の指摘を受け、削除するよう指示された。中国では、オンライン・コンテンツに対する規制が強化されている。

中国国家広播電影電視総局(SARFT)は10日、このアプリの低い価値観は「ネット市民の間に強い不快感」をもたらしたとして、永久削除を指示した。

今日頭条は国内で最速の成長を見せているハイテク新興企業の1つだが、今週には張一鳴・最高経営責任者(CEO)が不適切な投稿などの問題発生で検閲人員を6000人から1万人に増やすとする謝罪文を発表するとともに、主要モバイルアプリの提供を中止した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。