大統領不在のNYトランプタワーで火災騒動

火元は50階のアパート、67歳の男性が死亡

火災の様子(写真:ロイター)

[ニューヨーク(ロイター)]4月7日にニューヨークのマンハッタンで火災があった後、ドナルド・トランプ大統領は、ツイッターで火災は「非常に限定されたものだ(very confined)」と語った。

この火災によって、67歳の男性が搬送先の病院で死亡が確認された。ニューヨーク市消防署は、ツイッターを用いて4回警報が鳴ったこと、火災が50階で発生したことを報じた。

このタワーにオフィスと私邸を持っているトランプ大統領はワシントンにいた。

「トランプタワーの火災はすでに鎮火した。しかも、非常に限定されたものであり、建物に問題はない。消防署の人たちは素晴らしい仕事をしてくれた」

大統領の息子であるエリック・トランプは、火災発生箇所は住人が住むアパート部分であるとツイートした。

ソーシャルメディアのビデオ映像によると、マンハッタンの中心部にあるトランプタワーのいくつかの窓から煙が出ていることがわかる。ビデオをみると、多くの消防車が通りに駐車している。

トランプタワーを見上げる人々の様子(写真:ロイター)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。