大統領不在のNYトランプタワーで火災騒動

火元は50階のアパート、67歳の男性が死亡

火災の様子(写真:ロイター)

[ニューヨーク(ロイター)]4月7日にニューヨークのマンハッタンで火災があった後、ドナルド・トランプ大統領は、ツイッターで火災は「非常に限定されたものだ(very confined)」と語った。

この火災によって、67歳の男性が搬送先の病院で死亡が確認された。ニューヨーク市消防署は、ツイッターを用いて4回警報が鳴ったこと、火災が50階で発生したことを報じた。

このタワーにオフィスと私邸を持っているトランプ大統領はワシントンにいた。

「トランプタワーの火災はすでに鎮火した。しかも、非常に限定されたものであり、建物に問題はない。消防署の人たちは素晴らしい仕事をしてくれた」

大統領の息子であるエリック・トランプは、火災発生箇所は住人が住むアパート部分であるとツイートした。

ソーシャルメディアのビデオ映像によると、マンハッタンの中心部にあるトランプタワーのいくつかの窓から煙が出ていることがわかる。ビデオをみると、多くの消防車が通りに駐車している。

トランプタワーを見上げる人々の様子(写真:ロイター)
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT