大統領不在のNYトランプタワーで火災騒動

火元は50階のアパート、67歳の男性が死亡

火災の様子(写真:ロイター)

[ニューヨーク(ロイター)]4月7日にニューヨークのマンハッタンで火災があった後、ドナルド・トランプ大統領は、ツイッターで火災は「非常に限定されたものだ(very confined)」と語った。

この火災によって、67歳の男性が搬送先の病院で死亡が確認された。ニューヨーク市消防署は、ツイッターを用いて4回警報が鳴ったこと、火災が50階で発生したことを報じた。

このタワーにオフィスと私邸を持っているトランプ大統領はワシントンにいた。

「トランプタワーの火災はすでに鎮火した。しかも、非常に限定されたものであり、建物に問題はない。消防署の人たちは素晴らしい仕事をしてくれた」

大統領の息子であるエリック・トランプは、火災発生箇所は住人が住むアパート部分であるとツイートした。

ソーシャルメディアのビデオ映像によると、マンハッタンの中心部にあるトランプタワーのいくつかの窓から煙が出ていることがわかる。ビデオをみると、多くの消防車が通りに駐車している。

トランプタワーを見上げる人々の様子(写真:ロイター)
関連記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。