子供のスマホデビュー、知らないと怖い基本

いじめ被害や依存症などのリスクには要注意

スマホ利用にはさまざまな危険があり、特に心配なのは子どもがネット依存状態となってしまうことだ。「家にいる間はずっと使っている」「一日何時間も使っていて心配」という保護者からの相談はとても多い。

スマホを利用する時間が長くなることで、子どもの睡眠時間や学習時間は減る傾向にある。一日の利用時間の長さや利用時間帯についてはしっかりと決めておく必要がある。家庭でのルールは、たとえば

・利用は夜9時まで
・スマホの利用は一日1時間まで
・ゲームで課金はしない
・他人を傷つけることや不快に思うことは書かない
・食事中、勉強時間、歩きながら、学校では利用しない
・個人情報(名前や学校名、住所、電話番号、顔写真など)はネットに出さない、送らない
・裸の写真など高いリスクがある写真は撮らない、送らない
・ネット上で知り合った人に会いに行かない
・動画視聴、アプリのダウンロードなどはWi-Fi接続でのみ行う
・トラブルや困ったことがあったら必ず親に相談する

などが挙がるだろう。家族で話し合って決めてほしい。

子どものセルフコントロールが最終目標

また、最近の小学生は、ゲーム機や中古のスマホ、学習用タブレット、音楽端末プレイヤーでもネットを利用しているのが実情である。設定によってLINEやTwitter、YouTube、Facebookなどが使えてしまう端末もあるので、早くからの教育が大切となる。スマホを持たせる前でも子どもがネット上のさまざまなリスクにさらされていることを知り、対策しておくべきだろう。

最終的には、子ども自身で判断して利用をセルフコントロールできるようになることを目標にするといい。しかし、スマホは誘惑が多い端末であり、子どもだけではコントロールが難しい。取り巻く危険も多いので、使い始めの時期はルールなどをしっかり決めて、保護者がしっかりと見守ることが重要だ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT