新入社員が「自己紹介」を好印象に見せるコツ

入社早々の試練もポイントをつかめば大丈夫

最初に体験するのは、おそらく、配属先での自己紹介だろう。最初に意識したいのは立ち位置。上司や先輩などに紹介されるまでは、上司や先輩よりも2~3歩下がった場所に立つ配慮が必要だ。名前を呼ばれたら前に出て、背筋を伸ばして、自己紹介をはじめる。

朝なら、「おはようございます」「みなさま、はじめまして」などのあいさつから入る。その後、「このたび配属になった〇〇です」と、自分の名前を「フルネーム」で名乗り、「どうぞ、よろしくお願いいたします」と続ける。「あいさつ→名乗り→あいさつ」と、名乗りをあいさつでサンドイッチにする形だ。

続けて、「一生懸命頑張ります」といった仕事への意気込み、「皆さんのサポートを必要としているのでよろしくお願いいたします」といった一言で終わらせるといった流れがオーソドックスだという。

「この時、意識してほしいのは順番。ポジティブな言葉を最後に持っていくほうがやる気が伝わります」(伊東氏)。下の文例ではAのほうがポジティブに見えるという。

(A)たくさん、ご迷惑をおかけすると思いますが、一生懸命頑張りますので、よろしくお願いいたします。
(B)一生懸命頑張りますが、たくさんご迷惑をおかけすると思いますので、よろしくお願いいたします。

「キャッチフレーズ」をつくっておいたほうがいい

3~5分程度の長めのあいさつをする場合、何を言えばいいのだろうか。「あらかじめ、自分のキャッチフレーズをつくっておくと、いろいろ応用できて便利です」(伊東氏)。

「友達から、よく、こんなふうに言われています」「なになにに例えれば、自分はこうです」といった簡単なもので構わない。ちなみに伊東氏の講師としてのキャッチフレーズは、「働く方へのビタミン剤になりたい」だそうだ。このようにキャッチフレーズを決めておけば、「仕事観」「生きる価値観」「自分のミッション」など、持ち時間に応じてさまざまなテーマで話を膨らませることができる。

キャッチフレーズをつくっておけば、歓迎会や同期会など、さまざまな場で応用できそうだ。思いつかなければ、自分の名前の漢字を使うのもいい。「親は元気な子どもに育ってほしい気持ちで『元』と名付けましたが、私は、皆様を元気づけて役立てる、こういう意味にとっています」といった具合に漢字をポジティブなメッセージにするわけだ。

「『明子』だから、名前のとおり明るい。この明るさで頑張りたい」といったストレートなメッセージでも構わない。重要なのは仕事にリンクさせた話にもっていくことだ。また、自分の名前ネタの話をすれば、名前を早く覚えてもらえるというメリットもある。

次ページ言わないほがいいネタは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT