金正恩委員長、陸路を使って中国電撃訪問か

最高指導者の地位を継承して以来初の外遊

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国を訪問したと、ブルームバーグが26日、関係筋3人の情報として報じた(写真:KCNA/via Reuters/File Photo )

[北京 26日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が中国を訪問したと、ブルームバーグが26日、関係筋3人の情報として報じた。報道が確かであれば、北朝鮮の最高指導者の地位を継承した2011年以来、初の外遊となる。

訪中の理由や旅程などの詳細は明らかになっていないという。

ロイターは金氏の訪中を確認していない。

これに先立ち、日本の複数メディアが、北朝鮮要人が特別列車で北京に到着したと報じている。

共同通信は関係筋の情報として、要人の訪中は悪化している中国との関係改善を図る狙いがあると伝えた。

関係筋はロイターに対し、北朝鮮の要人が列車で中国遼寧省・丹東を通過したと明らかにした。

同情報を巡り、中国外務省の報道官は定例記者会見で「把握していない」と述べた。

韓国大統領府は声明で「関係諸国と緊密に連絡を取り、状況を注視している」とした。

ホワイトハウスのシャー報道官は26日の記者会見で、金氏の訪中報道について「確認できない。正確かどうか分からない」と述べた。

26日夜の時点で、在北京北朝鮮大使館は電話に応じていない。

北京では26日午後に大通りの警備が強化され、厳重態勢が敷かれた。天安門広場では旅行者の立ち入りが禁止されたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。