米銃規制、「賛成」と「反対」がせめぎ合う現場

デモに参加した人たちの生の声とは?

パークランドの高校の銃乱射事件で殺された17人を偲び、彼らの似顔絵を掲げる子どもたち(筆者撮影)
2月、フロリダのパークランドにある高校の校内で17人の学生や職員が、未成年の侵入者に銃で無差別に射殺された。その後、スクールシューティングの標的となった学生たちが「もう我慢できない」と銃規制を求める声を上げた結果、この週末、全米各地で学生や市民を中心に大規模デモが行われた。その現場を取材した。
(文中敬称略)

3月24日土曜日、ロサンゼルス市庁舎の前に、銃規制を求めて声を上げる10万人以上の市民が集まった。

公立の美術高校に通うフランキー・バンデラス君。銃の値段と命の値段を比較(筆者撮影)

その中には、ユニークな手作りポスターを手に持ち、無言で立っている15歳の少年がいた。ロサンゼルス市内の公立芸術専門高校(LACHSA)に通う15歳のフランキー・バンデラスだ。

ポスターには、ピストルに「18ドル」、機関銃に「266ドル」、そしてライフルに「215ドル」の値札がついている絵が描かれている。バンデラスは、「どんな種類の銃が、実際にいくらで買えるのか、自分でちょっと価格を調べてみたんだ」と言う。

「たとえば、このタイプのピストルなら18ドルで買えてしまう。一方、僕らが授業で使う絵の具や画材をそろえると、18ドルじゃとても足りない。つまり、僕たち高校生が勉強するために必要な教材より、学生を射殺するのに使われる道具のほうが、値段が安いんだ、この国では」

そのポスターの真ん中には、血を流している腕が拳を握っている絵がある。その横に「僕たちの命の値段はいったいいくらなんだ?」という文字が描かれている。

自分の教室もいつ襲撃されるかわからない

高校1年生のバンデラスは「うちの学校の教室にも、入ろうと思えば、誰でも銃を隠し持って入れてしまう。正直、毎日学校に通うのはとても怖い」とつぶやく。

フロリダのパークランドの高校で17人の学生や職員らが殺された無差別乱射事件が、米国で今年に入って17番目のスクール・シューティングである以上、自分の教室もいつ襲撃されるかわからない、と感じるという。

次ページこのデモに参加するのも危険だとわかってる
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。