プーチンの祖父は「レーニンの料理人」だった

父方の祖父がレーニンとスターリンの料理人

 3月11日、ロシアのプーチン大統領は、ネット配信された2時間余りのドキュメンタリーフィルム「プーチン」の中で、父方の祖父がレーニンとスターリンの料理人を務めたと明かした。写真は3日撮影(2018年 ロイター/Maxim Shemetov)

[モスクワ 11日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は、11日にネット配信された2時間余りのドキュメンタリーフィルム「プーチン」の中で、父方の祖父がレーニンとスターリンの料理人を務めたと明かした。

大統領は、「(祖父スピリドン・プーチン氏は)モスクワ地域の公邸(ダーチャ)で、レーニン、後にスターリンの料理人を務めた」と語った。

大統領選挙でのプーチン陣営の広報担当者に1月に就任し、フィルムでインタビューを行ったアンドレイ・コンドラショフ氏は、スピリドン氏は1965年に86歳で死去する直前まで旧ソ連高官の料理を担当したと述べた。

ペスコフ大統領報道官は、フィルムの中の情報は正確だと述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
イラン核合意離脱は<br>トランプ再選のため

イランの核開発を制限する核合意から、米国が離脱した。イランたたきは中東発世界不安を招きかねず、得策ではない。背景にはトランプ大統領のごくごく内向きな理由があった。