国家主席任期撤廃、約3000票のうち反対2票 

中国全人代が憲法改正、習氏の続投可能に

 3月11日、中国の全国人民代表大会は11日、国家主席の任期を制限する規定を撤廃する憲法改正案を採択した。9日撮影(2018年 ロイター/Damir Sagolj)

[北京 11日 ロイター] - 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は11日、国家主席の任期を制限する規定を撤廃する憲法改正案を採択した。制度上は習近平国家主席(64)が生涯にわたり地位を維持できるようになった。

習主席が毛沢東氏以来で最も権威ある指導者としての地位を固めたことが確認された形だ。

憲法には習氏の政治思想も盛り込まれた。現役指導者の思想が憲法に明記されたのは毛氏以来。新たな汚職摘発機関である「国家監察委員会」の法的地位も規定された。

全人代では約3000人の代表が投票し、反対票はわずか2票、棄権票は3票だった。

1期5年である国家主席の任期を2期までとする規制は毛氏の死去から6年後の1982年、個人に権力が集中することを危惧したトウ小平氏が設けた。

全人代法制工作委員会の沈春耀主任はその後の記者会見で、任期撤廃により個人への権力集中や文化大革命のような政治的混乱、権力闘争が再び起きる懸念について問われ、「そうした状況は存在しない」と否定した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT