「激しいスポーツと認知症」の意外に深い関係

米国ではアメフト選手の告発映画も話題に

こういった措置は子どもたちの健康や安全を最優先してのことですが、一方、サッカーは子どもたちの心身の発達に大きなメリットがあり、ヘディングを一概に禁止することには異論もあります。

今後はヘディングによる脳ダメージの科学的検証を進める必要があります。そのうえで、ケガをしにくいヘディングの技術を指導し、ヘッドギアなどの保護具の使用、過度な練習、試合数制限を設けるなどルールづくりが必要ではないかと思います。

脳振盪後遺症リスクを減らす方法は?

頭部外傷による脳振盪対策が、医学界やスポーツ団体から出されています。脳障害リスクを減らすために、該当する競技のアスリートや頭を打つスポーツをする機会が多い人、コーチや監督、子どもが運動部に所属している親は、事前に知っておくべきでしょう。

『認知症 専門医が教える最新事情』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

対応策は、日本サッカー協会(JFA)などからも出されています。ホームページに掲載されています。

日本脳神経外傷学会と日本臨床スポーツ医学会が監修した「スポーツ現場における脳振盪の評価」も役立ちます。

まずは、脳振盪かどうかを正しく評価し、脳振盪と診断あるいは疑われた場合には、すぐに練習に復帰せず、段階的手順を踏んで復帰をするようにします。復帰手順についてはこちらを参考にしてください。

このように子どもの頃から脳振盪対策に留意することが必要ですが、激しいスポーツをしない人でも、40代からの予防が重要となります。なぜなら最新の研究では認知症が発症する20年も前から脳のごみがたまり始めるということがわかってきたからです。

将来認知症にならないために、正しい情報収集をすることをお勧めします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT