「激しいスポーツと認知症」の意外に深い関係 米国ではアメフト選手の告発映画も話題に

印刷
A
A

こういった措置は子どもたちの健康や安全を最優先してのことですが、一方、サッカーは子どもたちの心身の発達に大きなメリットがあり、ヘディングを一概に禁止することには異論もあります。

今後はヘディングによる脳ダメージの科学的検証を進める必要があります。そのうえで、ケガをしにくいヘディングの技術を指導し、ヘッドギアなどの保護具の使用、過度な練習、試合数制限を設けるなどルールづくりが必要ではないかと思います。

脳振盪後遺症リスクを減らす方法は?

頭部外傷による脳振盪対策が、医学界やスポーツ団体から出されています。脳障害リスクを減らすために、該当する競技のアスリートや頭を打つスポーツをする機会が多い人、コーチや監督、子どもが運動部に所属している親は、事前に知っておくべきでしょう。

『認知症 専門医が教える最新事情』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

対応策は、日本サッカー協会(JFA)などからも出されています。ホームページに掲載されています。

日本脳神経外傷学会と日本臨床スポーツ医学会が監修した「スポーツ現場における脳振盪の評価」も役立ちます。

まずは、脳振盪かどうかを正しく評価し、脳振盪と診断あるいは疑われた場合には、すぐに練習に復帰せず、段階的手順を踏んで復帰をするようにします。復帰手順についてはこちらを参考にしてください。

このように子どもの頃から脳振盪対策に留意することが必要ですが、激しいスポーツをしない人でも、40代からの予防が重要となります。なぜなら最新の研究では認知症が発症する20年も前から脳のごみがたまり始めるということがわかってきたからです。

将来認知症にならないために、正しい情報収集をすることをお勧めします。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT