頼りにならない上司にありがちな残念思考 事実を見極めず、部下の予測を真に受ける

印刷
A
A

③部下の予測に「乗っかっているだけ」になっている

この相談を受けて値下げをした場合、本当に求められる「上司」としての仕事をしているとはいえません。なぜなら、部下の予想や予測を聞いて「Yes」と言っているだけで、そこに上司の考えや判断は何もないからです。

反対に、「会社の方針として値下げはできない」と退けるにしても、ただそれだけを伝えるならば、その上司でなくてもできます。

これでは、部下との信頼関係はいつまでも築かれませんし、部署として正しい判断を下すこともできないでしょう。

求められる上司の行動は

『究極の問題解決力が身につく瞬発思考』(文響社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ここで求められる上司の行動は、得意先に「必要な情報を確認する」ということです。部下に指示してもいいですし、必要に応じて上司が自分で行動するなどして、部下の相談の「事実ではない部分」について相手に確認をとっていくのです。

実際、このケースでは、下記のことが明らかになりました。

・納品ミスは事実だが、判明した後の迅速な行動によって、きちんとカバーできていた

・当社の製品にはリピーターが多く、C社の製品とはターゲットが違う

・今回の値下げ要求は、セール期間中の一時的なものであり、他社にも同様に依頼している

事実ではない部分をきちんと見極め、確認するだけで、的確な対応がとれるようになります。

部下も、自分のミスや得意先の喪失という不安から解放され、すがすがしい気持ちで仕事に取り組めるようになるでしょう。上司・先輩として職場を率いていく立場であれば、このような「問題解決の思考」を身に付けることを強く意識したほうがいいのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT