頼りにならない上司にありがちな残念思考

事実を見極めず、部下の予測を真に受ける

たとえば、ある商社で、部下から次のような相談を受けたとします。

「お得意先が、P商品の仕入れ価格を10%値下げしてほしいと言ってきています。一度断ったのですが、引き下がってくれません。実は先日、私のミスで納品が遅れてすごく怒られたことがありました。そのとき、競合のC社より当社の商品が高いと言われていたんです。そのときはなんとか収めましたが、今回のことをきっかけに、C社の商品に切り替えられてしまうかもしれません。うちも、値下げをお願いできないでしょうか」

この相談に対して、今後の販売継続のため、かつ納期遅延の謝罪の意味も込めてP商品を値下げすべきなのでしょうか。

いえ、この場合は、結果的に値下げをすることになったとしても、この段階では値下げの判断をすべきではありません。その理由を3つにまとめてみます。

値下げの判断をすべきではない理由

①因果関係を「予想」してしまっている

問題を正しくひもとくためには、現状をきちんと把握することが不可欠です。

その視点で今回の相談を見てみると、

「納品ミスやC社との値段の差によって、値下げ要求をしてきている」

という部下の相談には、実は根拠がありません。

今回の値下げ要求に、納品ミスのペナルティの意味があるかどうかはわかりませんし、また競合C社が類似品を当社より安く売っているのは事実でも、それが関係しているかどうかもわからないのです。

②今後の展開も「予測」にすぎない

部下は、「値下げしないとC社の商品に切り替えられてしまうかも」と言っていますが、実はこれも不確実な情報です。たとえば得意先が、

「C社より安くしないとP商品は販売しない」

と言ってきたのであれば、対策をしなければいけません(もちろん撤退も一案です)。しかしここで登場した情報だけでは、判断することはできないのです。

次ページ3つ目は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。