河川敷在住ホームレスを襲う「一般人」の暴力

だから彼らは隠れるように寝ている

「もうちょっと安全な場所に小屋を建てたほうがいいんじゃないですか?」と聞いてみる。

「俺はもともともっと上流に住んでたんだよ。ここよりもたくさんホームレスが住んでる場所に。でもそういう場所は、一般の人にすごい嫌がらせされるんだよ……」

河川敷の畑(筆者撮影)

そういうとおじさんは、顔をひどく曇らせた。

「夏になるとしょっちゅう石とか花火をぶつけられる。それもまあ我慢してたんだけど、ある夏に寝ていたら、中学生くらいの悪ガキに火をつけられたんだよ」

ライターオイルをかけられ、背中に火をつけられたそうだ。幸い燃え広がる前に火は消えたが、熱さに暴れている姿を見て、子どもたちは笑っていたという。

野宿生活者を取材していると、この手の話はイヤというほど耳にする。

加害者は“普通の人”が多い

・地下鉄の階段の下の閉められたシャッターの前で寝ていたら、階段の上から自転車を投げつけられた

・商店街で段ボールにくるまって寝ていたら上から踏みつけられて骨折した

・公園にいたら自転車に乗った少年たちに散々追い掛け回された。疲れて倒れたら、打ち上げ花火をぶつけられた。

・繁華街でゴミをあさっていたら、後ろから急に蹴られた。そしてなおもなじられながら、暴行を受け続けた

暴行の加害者は“普通の人”が多い。

繁華街では酔っ払ったサラリーマンがホームレスに暴行を働くケースをよく耳にする。警察沙汰になった後日、シラフに戻り泣きながら怪我をした野宿生活者に謝るサラリーマンもいた。

河川敷や公園では小学生から中学生が集団でホームレスに暴行を働くケースが多い。中には河川敷でバーベキューをしに来た大学生グループが、酔っ払ってホームレスに火をつけた事件もあった。

次ページ隠れるようにして寝ているのは…
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。