河川敷在住ホームレスを襲う「一般人」の暴力

だから彼らは隠れるように寝ている

「河川敷は冬より夏のほうが嫌だね。もっと年をとったら寒いのがこたえるかもしれないけど今は暑いほうが嫌だ。蚊も出るしね……でも改装したからテントの中には入ってこないんだ」

と言って、小屋に張られたブルーシートをめくる。シートの下は網戸になっていた。でもはじっこに穴が開いていた。

「いつのまにか猫が住みはじめたんだけど、すぐ穴開けちゃうんだよな。困ったよ」

困ったと言いつつ笑っている。猫用のエサも置いてある。文句を言いつつ、猫が来るのを楽しみにしているのだ。

小屋は川沿いに建っている

「あと夏は豪雨があったり台風も来るからなあ。河川敷にいるとなかなか大変だよ」

河川敷の小屋は、川沿いに建っているものが多い。彼の小屋も川沿いであり、しかも川の音が聞こえるほど近い。

「台風が来ると毎回消防署の人から『避難してください!』って言われるんだ。でも俺は避難しないんだ。俺は知ってるからね。ここがギリギリ水に浸からない場所だって」

おじさんは自信たっぷりにニヤッと笑った。

「向こうの小屋に住んでいるヤツは大慌てで逃げ出して、この人(ここへ案内してくれたおじさん)の所に行って旅館代貸してくださいって頼みに行ったんだよ(笑)」

そういうとゲラゲラと笑った。

しかし、水が来なかったのはたまたまだと思う。ここはかなり海が近く海抜が低い地帯だ。豪雨で大増水してしまったらきっと流されてしまう。おカネを貸してくれというのはお門違いだけど、そういう時は避難したほうがいいと思った。

隠れるように建つ小屋(筆者撮影)

現に河川敷を取材していると、台風で家が流された話をよく聞く。

「こないだの台風で隣に住んでるヤツが流されちゃってさ。今頃はサメのエサだろうなあ」

川崎競馬場の隣に小屋を建てていたおじさんは笑いながら語っていた。知り合いが流されたことは近所の野宿生活者しか知らない。彼らは「警察にも言わないから事件にもならない」と言っていた。

次ページ安全な場所に小屋を建てないのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 買わない生活
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT