名古屋が元気になるカギはどこにあるのか

名古屋の放送番組を支える企業たち

こうした動きは、電気自動車へのシフトが進むと共にますます加速していくはずだ。これまでのガソリン車で重宝された製品や技術が、一切必要とされなくなる。異業種への参入を含めたあらゆる再編の動きが進む。

そこからさまざまな「ニュース」が生まれ、悲喜こもごもの「ドラマ」が生まれる。それはテレビ放送の格好の題材ともなるだろう。

ソフト面では新しい人材育成が不可欠

一方、モノづくりから目を移すと、また違った構図が見えてくる。

たとえば観光業やまちづくり。昨年は名古屋市港区にオープンしたテーマパーク「レゴランド・ジャパン」が、いい意味でも悪い意味でも話題を集めた。

いい意味でも悪い意味でも話題を集めた「レゴランド・ジャパン」(写真:許斐健太)

観光資源の乏しかった港エリア活性化の起爆剤として期待されたが、ふたを開ければ入場料の高さや食事の質などに不満の声が噴出。パーク側は何段階もの割引キャンペーンを打ち、弁当や水筒の持ち込みも認めるなどして改善を図った。しかし、そもそも隣接する商業施設や市内の他の観光スポットとの連携がほとんどなく、互いにカバーし合ったり、全体で盛り上げたりする動きが見られなかった。

これは地域としてモノづくりに偏重し、観光やソフト産業の人材育成が軽視されてきた弊害だと言える。名古屋城やトヨタ系の記念館にしても、車以外でのアクセスや交通案内、英語対応などは決して十分ではない。私の知るデザイナーや都市プランナーからは「名古屋は目に見えないもの、形にならないものにおカネが回らない」と常々不満を聞かされていた。

そうしたなかで、ソフトウエアの分野から斬新なアイデアや企画を打ち立て、全国展開する名古屋企業も現れてきている。スマホゲームを中心としたIT企業の「エイチーム」や、オンライン請求書作成サービスの「Misoca(ミソカ)」などが代表として挙げられるだろう。

次ページ今後のまちづくり
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT