名古屋が元気になるカギはどこにあるのか

名古屋の放送番組を支える企業たち

高層ビルが立ち並ぶ名古屋駅前。再開発はまだ続く(筆者撮影)
名古屋を中心とした中部(中京)経済圏は、トヨタグループを始めとして、日本の「モノづくり」を象徴するような個性的な企業が集積している。ナゴヤの経済事情に精通する筆者に、在名放送局を支えるスポンサー気質、名古屋経済のポテンシャルについて記してもらった。

「羽生選手が、うちの商品を使ってくれてるんですよ」

当記事は『GALAC』4月号(3月6日発売)からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

電話口で興奮気味に話したのは、愛知県豊橋市で高性能マスクやフィルターを製造する会社「くればぁ」の中河原毅専務(現社長)だった。

「羽生選手」とは言わずもがな、フィギュアスケートの王者、羽生結弦選手のこと。時は3年前に遡るが、世界選手権に出場するため中国の上海空港に降り立った羽生選手が、「日の丸」のついた大きなマスクをしていた。その姿がテレビに映り、ネットでも拡散されて「あの変わったマスクは何?」と、ファンの間で話題騒然になったという。

「あれは間違いなく、うちが開発したマスク。ただ、まだ発売前でなぜ羽生選手に渡ったのか、わからないんです」と、焦った様子も見せる中河原氏。聞けば1年ほど前、あるスポーツ関係者から「花粉症に悩む選手のためにマスクを作ってほしい」と頼まれ、開発に着手。同社の最新技術を駆使し、直径わずか60ナノメートルという微小な花粉アレルゲンを99%シャットアウトしながら、独自の形状や素材によって息苦しさを感じさせず、約100回洗って再利用できる画期的なマスクを完成させた。

羽生選手が選んだ愛知・豊橋製マスク

一般販売に先立ち、依頼のあったスポーツ関係者に数十個を預けていたうちの一つが、羽生選手の手に渡ったらしいのだ。

2015年3月に東洋経済オンラインで配信した記事(画像:東洋経済オンライン)

「特に誰のためにと聞いていたわけではなく、日本を代表するプロアスリートにも使ってもらい、みんなで応援しようというメッセージを込めて日の丸を小さくあしらいました。決して羽生選手を利用して売ろうとは思っていません」

そんな中河原氏の話を受け、私はすぐさま日本スケート連盟にも確認して記事にまとめ、経済誌のオンラインニュースとして配信した。記事の反響は大きく、新聞やテレビ、雑誌もこぞって「後追い」してくれた。

次ページ小粒でもキラリと光る企業が中部圏には数多い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。