「100人中1人」に刺さるビールメーカーの挑戦

ヤッホーブルーイング・井手直行社長が語る

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

キーワードを基に様々なジャンルのフロントランナーからビジネスのヒントを聞く「飛躍のアルゴリズム」。今回はヤッホーブルーイング・井手直行社長。ビール離れが叫ばれる中、ヤッホーブルーイングが成長し続ける秘けつを聞いた。

井手直行氏は1967年、福岡県出身。久留米工業専門学校を卒業後、電気機器メーカー、タウン誌などを経て、1997年にビールメーカーのヤッホーブルーイングへ入社。1997年の創業時に営業担当として入社後、地ビールブームの衰退で赤字が続く中、ネット通販業務を推進して2004年に業績をV字回復させ、現在まで13年連続で増収増益を達成。2008年より社長に就任している。ヤッホーブルーイングは全国200社以上あるクラフトビール業界の中でシェアトップ。

大手にはできないことをやる

――井手さん、ビール離れが叫ばれる中で、ヤッホーブルーイングが成長し続けるその秘けつは何ですか。

世の中にないものを生み出していくということですかね。

――1つ目のキーワードは「大手にはできないことをやる。目指したのは“知的な変わり者”」。ヤッホーブルーイングのビールは、個性的なネーミングと斬新なパッケージが目をひくんですよね。私も「よなよなエール」を飲んだことがあります。コクがあって、後味がとてもフルーティーで、すごく表情があるビールだなと思いました。食事に合わせてももちろんおいしいビールだと思うのですが、味わうためのビールだなと思います。この特徴的なビールですが、普通のビールとは何が違うのか教えてください。

飲んでいただいたら、明らかに味が違うんですよね。大手ビールメーカーさんのビールもおいしいんですが、“よなよなエール”は、コクもあって香りもあって、目隠しして飲んでも明らかに違う。これは製法がまず全然違うんですね。

次ページ個性的な中の個性的なビール
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。