アイスダンス、「衣装トラブル」防止策とは?

各選手がテープやのりを使って創意工夫

 2月20日、平昌冬季五輪のフィギュアスケート・アイスダンスに出場している女性選手たちは、衣装のトラブルを避けるためにテープやのりを使用して競技に臨んだ。写真右は衣装がはだける事故を乗り越え、銀メダルを獲得したフランスのガブリエラ・パパダキス(2018年 ロイター/Phil Noble)

[江陵市(韓国) 20日 ロイター] - 平昌冬季五輪のフィギュアスケート・アイスダンスでは、出場した女性選手たちが衣装のトラブルを避けるためにテープやのりを使用して競技に臨んだ。

19日に行われたショートダンス(SD)では、フランス女性ペアのガブリエラ・パパダキスの衣装が途中ではだけるハプニングに見舞われた。そうした事故を避けるため、20日のフリーでは各選手が工夫を披露。

個人資格の「ロシアからの五輪選手(OAR)」として出場しているティファニ・ザゴルスキはロイターの取材に、「ドレスと肌を接着するために特別なのりを使用し、幸運なことに何も問題は起きなかった」と明かした。

また、英国のペニー・クームスはテープと安全ピンを使って安全性を高めたとし、「誰もそういったことが起こるのを望んでいないので、予防だと思っている」と語った。

また、パパダキスはフリーで世界歴代最高の123.35点を出して銀メダルを獲得した後、「最悪の悪夢」と表現した事故を繰り返さないために準備したと振り返り、「大丈夫だと思っていた」と笑顔を見せた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT