明治元年「1868年」とは、どんな年だったのか

新旧が混在する不思議な年に起きたこと

紀元2065年の世界を描いた未来SF『新未来記』(出所:国立国会図書館)
2018年は明治150年の節目。その年は「慶応4年」として始まり、9月に「明治」に改元、江戸が7月に東京と名を変え、新旧が混在する不思議な年だった。1カ月1章で、戦争や市民の生活を描き、毎日のお天気まで入れた『1868 明治が始まった年への旅』(時事通信社)から、明治元年の意外な真実を紹介しよう。
(注)年齢はすべて数え年です

パリで日本語新聞が刊行された

1868年6月、「パリで日本語の新聞が発行された」ことが日本の新聞の記事で紹介されました。「よのうはさ」というタイトルです。発刊したのはレオン・ド・ロニーというフランス人で、日本を訪問したことはありませんが、日本語が自在。福沢諭吉が訪欧した時も接触し、「ロシアの軍艦が対馬を奪ったというが本当?」などと質問します。福沢が否定すると、そのことをすぐパリの新聞で紹介する。その行動力はすごい。

「よのうはさ」の「発行の趣旨」で、ロニーは「日本人は利発で、アジアの他の国はこれに及ばない」としたうえ、知恵を磨かなければ「下和のあら玉と同じ」、他国のまねばかりでは「くぐまりゆく」……。独特な(?)日本語も交えて、熱く説いています。

「戦争の時、敵味方の区別なくけが人を介抱する赤十字が、スイスで生まれヨーロッパに広がっている」「カラー写真が研究されているが、暗いところに置かないと色が消えてしまう。工夫をして青は色が残るようになった」などの最新ニュースが載っています。購読料は年間30号で「三両一朱」。送金すれば船便で届けるとPRしています。日本人にパリ発の情報をいち早く伝えようとしていたようです。

残念ながらこの新聞は1号限りで終わってしまいましたが、『明治のジャーナリズム精神』(秋山勇造著)は、ロニーと交わった福沢、福地源一郎、栗本鋤雲、成島柳北といった旧幕臣がのちに『時事新報』『東京日日新聞』『郵便報知新聞』『朝野新聞』を主宰し、日本のジャーナリズムの先導者になったことをとらえ、「因縁ともいうべきものが感じられる」と書いています。

次ページ1868年は南北戦争集結から3年後だった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
GPIF運用改革の課題<br>ESG投資に乗り遅れるな!

厚生年金と国民年金の積立金約156兆円を運用するGPIF。アベノミクス初期に行われた運用改革が第2幕に突入。主眼はESG投資の拡大だ。ESG投資に出遅れる日本は変われるのか?