不動産投資で儲けられない人が陥る3つの罠

空前のブームに潜む空室リスクを見落とすな

手堅く儲けるはずが思いどおりにいかない典型例を紹介します(写真:freeangle / PIXTA)

サラリーマンの間で不動産投資がブームとなってから数年が経ちました。融資も徐々に厳しくなり始め、物件価格高騰のピークは過ぎたと言われますが、まだまだ盛り上がりを感じます。

関連書籍もたくさん発売され、「中古のRC造マンション、築古の木造アパート、かなり古い戸建物件といった高利回りの物件を購入する」「都市部の狭小マンションに投資する」など、“小資金で始められ、大きく儲かる”ことをうたった、さまざまなノウハウを解説した本がたくさん書店に並んでいます。

しかし、拙著『高家賃でも空室ゼロ! これからの不動産投資は地方の新築デザイナーズアパートが狙い目です』でも詳しく解説しているように、どのような方法にもメリットがあれば、デメリットも存在するのが現実です。儲かるはずの不動産投資がうまくいかず、後には空室が埋まらない古い物件と借金だけが残った……という人たちも、少なからずいらっしゃいます。

どんな不動産投資が失敗しやすいのか。典型的な3パターンを紹介しましょう。

(1)不動産会社や建築会社の言いなりになってしまう

営業マンのセールストークを鵜呑みにしない

まず不動産会社や建築会社から提案された事業計画を鵜呑みにしてしまうパターンです。特に、たくさん土地を所有する地主系大家さんには、そういったケースが非常に多く見られます。

広い土地を所有していると、さまざまな建築会社やハウスメーカーが「アパートを建設しませんか?」と提案してきます。そういった不動産会社やハウスメーカーの営業マンのセールストークは、非常にたくみです。アパート経営のことを知らないおじいちゃんやおばあちゃんならば、思わず「うん」と言ってしまうのも無理ありません。

特に高齢者は、「孫のため、子どものために」という言葉に弱いので、「財産をお孫さんの代まで残してあげましょう」などの口説き文句に思わず判子を押してしまうのです。だから、「アパートを建てたら相続対策になりますよ」というのは、営業マンの決まり文句になっています。

次ページ地方の新築アパートが増えている理由
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT