大城 幸重(おおしろ ゆきしげ) Yukishige Ooshiro
新築デザイナーズ・アパートプロデューサー

1968年生まれ。裸一貫から身を立て、長屋式アパート経営を始めた祖父の下で育つ。「働かざる者、食うべからず」を信念に持つ祖父の下で、15歳のときに長屋式アパートの清掃と家賃回収を手伝う形でアパート経営の世界へ。一棟ものの中古マンションで入居付けに苦戦するなど、さまざまな失敗を経て、土地からプランニングするデザイナーズ・アパート投資にたどり着く。2017年現在、国内外に不動産9棟35室、太陽光発電所10基を所有する。著者オフィシャルサイト(http://ohshiroyukishige.com/

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT