「市民マラソン大会」激増の知られざる舞台裏

町おこしにつながるが競争はシビアに

ランナーにとって、同大会はどんな位置づけなのだろうか。

「10キロの部」で完走した上條恵奈美さんとアレックス・アラウージョさん(筆者撮影)

「伝統のある大会で、フルマラソンの上位入賞者は米国ボストンマラソンに派遣されます。そうした競技性もあり、たとえば近隣の実業団駅伝のメンバーも個別に参加します。首都圏に近くて、この時期に開催される大会はあまりありません」(ランニング専門誌『ランナーズ』編集部・黒崎悠氏)

高倍率の東京マラソンの抽選に漏れた、一般ランナーが参加するケースもある。主催する自治体は知名度向上や税収増の期待が大きいが、それ以外の長所も見逃せない。

「大会で“街が一体化する”効果も大きいのです。たとえば中学生がボランティアを行えば社会勉強にもなる。元気な高齢者のボランティア参加は、本人や周囲への活力にもなります。一方、交通規制で当日のクルマ移動が制限されてしまいます」(同)

「市民力」はどこにも負けない

勝田全国マラソンの大会会長を務める、本間源基ひたちなか市長は次のように話す。

本間市長(筆者撮影)

「少人数から始まった大会ですが、現在は全国47都道府県(今年は46都道府県)から、2万人を超えるランナーが参加されるようになりました。ただし競技性は重んじており、安心して走っていただくのが開催地の使命です。そのため、道路整備などの開催準備は市の職員が参加し、当日は約2000人の市民ボランティアの方が協力してくれます」

次ページ「カネがなければ知恵を出せ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT