フランスは「使用済みオムツ」を持ち帰らない

日本の保育園とは何が違うのか

一方の日本では、自治体の子ども家庭課(名称は自治体によって異なる)が保育園の設置基準を定め、認可する。しかしその基準は、フランスのように細かく示されていない。

トイレであれば「児童何人につき何個の便器」までといった記述のみで、最低限の衛生的なトイレはどんな場所で、何が必要なのか、などの客観的な目安がないのだ。

神奈川県保育所認可の手引き、および千葉県保育所認可指針の一部。オムツ換えに関する記載はなく、トイレ周りの指針も数行だ(千葉県認可指針/神奈川県認可の手引き)

目安がない中で、「どんなトイレが衛生的なのか」を考えるのは、各保育所の責任者になる。

公立園なら園長、私立園なら社会福祉法人の理事長や株式会社の社長だ。それぞれが法律や指針、ガイドラインを読み、独自に判断する。

自治体に具体的な目安がないので、「これはアウト」といえるラインが明確に存在しない。衛生的か否かの判断は、事業者や自治体の監督官の主観頼り。だから園ごとに、前述のようなトイレのあり方の違いが出てきてしまうのだ。

使用済みオムツの処理方法も、保育園任せ

オムツに関してはもっと曖昧で、私が知る限り、自治体の指針で触れているところはない。

国の法令には、厚労省の「保育所における感染症対策ガイドライン」に以下のように記されているだけだ。

.............

■おむつ交換

・ 糞便処理の手順の徹底

・ 交換場所の特定(手洗い場がある場所を設定し、食事の場等との交差を避ける)

・ 交換後の手洗いの徹底

・ 使用後のおむつの衛生管理(蓋つきの容器に保管)及び保管場所の消毒

.............

ここにも、「使用後のオムツの衛生管理」に関する客観的・具体的な記載はない。結局、保育園の責任者の主観に一任されているのだ。

次ページ行政の姿勢に疑問に感じる事業者も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。