女子スノボ新星「小さな巨人」岩渕麗楽の躍動

初出場の平昌五輪に向け語った胸中は?

スノーボードを知らない人たちには「土日だけでスノーボードの感覚とか鈍らないの?」と驚かれますが、始めた時からずっとこの環境なので、感覚が鈍ることはなく、これが私にとっては普通です。スノボの練習は、1日5時間やります。夏場行っているところでは、2時間30分で1つのセッションで、その間ずっと流している感じです。ジャンプして、(リフトで)登って、ジャンプして、登っての繰り返しですね(苦笑)。

技術的なトレーニングで言えば、反復練習はあまり得意じゃないです。1回で決めないと結構疲れてきて、どんどん崩れちゃうから、反復練習するよりかは、短期集中トレーニングのほうが調子良かったりします。

平昌五輪に向けた意気込みも語ってもらった(撮影:尾形文繁)

スノーボードを知らない人にも見てほしい

――外国での大会を転戦する中で、時差との戦いやコンディション維持、環境に慣れることが重要なポイントとなります。

時差はあるままで出ますが、すごい早起きするので大会が始まる頃には、体がよく動く状態になっています。雪質でいえば日本の雪は結構柔らかめで、いままで韓国では滑ったことはないですけど、平昌は寒いですし、雪もあまり降らないので硬いかなと思います。

スロープスタイルでは、2月11日が予選。予選突破すると12日に決勝と連戦になりますが、翌日の筋肉痛など、体への影響はあまりありません。もちろん、公開練習や予選で変な転び方をすると、痛みは残りますが、うまくこなしていれば、2~3日はいけます!

スノーボードは、多少痛いところがあっても公開練習なしで、本番だけ合わせるとか、結構リスクはあるけど、そういうやり方もあるので、体に負担をかけないでやる方法はあります。

――今回のオリンピックでどんな方に見てもらいたいですか? また岩渕選手のここを見てほしいというのがあればぜひ教えてください。

スノーボードを知らない人も、オリンピックという特別な大会だから、見てほしいですし、できるだけたくさんの人に見てもらいたいです。私は、ビッグエアのほうができる技が多いので、特に(2月19日から予選が始まる)ビッグエアを楽しみに見てもらえたらいいなと思っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。