レディー・ガガ、体調不良で10公演を中止

「今は自分の健康を優先する必要がある」

 2月3日、米歌手レディー・ガガは、激しい痛みのため、欧州ツアーの10公演を中止すると発表した。写真は先月28日撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson)

[3日 ロイター] - 米歌手レディー・ガガは3日、激しい痛みのため、欧州ツアーの10公演を中止すると発表した。

ロンドン、チューリヒ、ストックホルム、パリ、ベルリンなどでの公演が中止になる。

ガガは以前、「線維筋痛症」に苛まれており、筋骨格に痛みが生じ、しばしば疲労感や心的問題を伴うと明らかにしていた。

「今は自分の健康を優先する必要がある」

ツイッターやインスタグラムでは「線維筋痛症」に言及していないが、医療チームと相談の上で公演中止を決めたとしている。

発表では「残念ながら、激しい痛みに苦しんでいて、ライブ演奏に影響する」と説明している。また、「みなさんの街に必ず戻ってくるが、今は自分の健康を優先する必要がある」と述べている。

ガガは昨年9月、欧州公演の予定を今年に延期。今年に入って1月14日のバルセロナを皮切りに、イタリア、オランダ、ドイツで公演し、最近では1日夜に英国のバーミンガムで公演を行っていた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 離婚のリアル
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。