iPhone誕生から10年、次の「主役」は何なのか

「スマートグラス」がブレイクするかも

今ではすっかり人々の生活に溶け込んだスマートフォン。この市場を築き上げたのがiPhoneです。この初代iPhoneが発表されたのがMacworld Expo 2007。つまり、スマートフォンが登場して約10年経ったわけです。

このスマートフォンの次にくるデバイスとして注目されているもののひとつが、スマートグラスです。

メガネのガラスの上に情報を映し出すため、SNSからの通知を確かめるためにいちいち手首にあるスマートウォッチを見たり、スマートフォンを取り出したりする必要がありません。

写真を撮りたいときにも、メガネのフレームに搭載されたタッチパネルに指を触れるだけ。目を動かしたり瞬きによって撮影できるように設定することも可能であり、一瞬のシャッターチャンスを逃しません。

また地図アプリの情報もガラス上に映し出すことができます。そのため、カーナビゲーションやスマートフォンの画面などを確認することなく、進行方向を見つめたまま、道路情報を確認できます。

より便利なデバイスとしての可能性を十分に秘めたスマートグラス。かつてのiPhoneのように急速に市場に広まるかもしれません。そうなると、街行く人たちがみな変わったデザインのメガネをかけることになるわけで、まるでSF映画のような世界が現出します。

この新しいデバイスを生かした新たなアプリケーションが、さらなるイノベーションを起こす、技術進化の連鎖が始まるかもしれません。今後の急発展が楽しみです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。