「体型センシング」は夫婦喧嘩の元になる?

妻のサイズをみて余計な一言を言うと…

今やたくさんの人がお世話になっているインターネット通販。日本で代表的なものはアマゾンや楽天ですが、ファッション分野で人気急上昇中なのがZOZOTOWNです。

しかしネットで服を買うときに気になるのがサイズです。店舗で買うのとは違い、実際に試着することができません。買って届いて着てみた後に、フィットしなかったらガッカリです。

そんな悩みを解決するために先日発表されたのが「ZOZOSUIT」。伸縮センサーを内蔵した、体のサイズを計測するスーツ。これを使えば、自分のサイズに合う服が買えます。

ぼへちゃんもすぐに注文。だいぶ待たされましたが、ようやく自宅に届きました。そこで、さっそく試してみました。

新しいガジェットには目がないぼへちゃんのだんな君は、計測結果を見て「すごい。いろいろわかるんだねコレ」と興味津津。たしかに、肩幅、胸囲、腕周りなど、いろいろなサイズがわかる優れものです。

でもだんな君、「二の腕と太もものサイズ、僕より大きいんだ」と爆弾発言。ぼへちゃんの気にしていることを平気で言ってしまいました。だんな君の興味はこのスーツの技術に向きっぱなしで、ぼへちゃんの機嫌を損ねたことに気が付いていない様子。精度を確認したいなどと言っている暇があったら、早く謝ってください!

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。