「ネット通販」にすがるアパレルの密かな苦悩

大型モールに頼らず生き残る方策とは?

アパレル不況と言われる中でも、EC市場は伸び続けています。群雄割拠の中、生き残るための方策とは?(撮影:Graphs / PIXTA)

みなさんは、洋服をオンラインストアで買ったことがありますか?

毎年右肩上がりで伸びている日本のeコマース(EC)市場。衣料品や服飾雑貨などのEC市場規模も、直近の2015年では前年比7.9%増の1兆3839億円となり、個人顧客向けのECとしては、食品や飲料に次ぐ高い伸びとなりました(経済産業省「平成28年電子商取引に関する市場調査」)。

高価格帯の百貨店衣料品などが苦戦を強いられているように、アパレル全体の市場規模がここ数年停滞し続ける中、ECをいかに伸ばせるかによって、今後の優勝劣敗は鮮明になってくるでしょう。

ただ、競争環境は熾烈です。「ゾゾタウン」や「マガシーク」などのファッション専門ECや、各小売店やブランドが独自に運営するストアに加え、アマゾンや楽天などの総合モールでも洋服を買うことができます。

無数のサイトがひしめく中で、運営元や各ブランドはどう生き抜いていくべきなのか。アパレルECの現状を整理し、今後の展望を探っていきましょう。

アパレルECの2つの異なる方向性

「どこでも買えるものを扱うサイト」「そこでしか買えないものを扱うサイト」。アパレルECは大きくこの2つに分けられます。マスに対してアプローチを図るのか、コアに対してアプローチを図るのかという風に言い換えてもいいかもしれません。

どこでも買えるものを扱うサイトの代表例となるのが、アマゾン、楽天、ファッション専門であればゾゾタウンといった大型モール。扱う商品自体はほかでも買うことができるので、「このサイトで買い物をすればこういうサービスを得られる」という付加価値が求められます。

クーポンをつけたり、送料無料・当日発送・ツケ払い、コンセプトに基づいたセレクトを行ったり……。付加価値に魅力を感じてもらえるようになると、「同じスニーカーならあの店で買いたい」といった感情を喚起させることができます。

次ページ在庫を切らさないための、膨大な人件費
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT