おむつの替え時はIoTが教えてくれる時代だ

子育てをサポートするデバイスが次々登場

ぼへちゃん、海外の友人と久しぶりに会いました。かわいいお子さんと一緒です。

毎日子育てで多忙な日々を過ごしている友人。ですが最近では、そんな子育てをサポートするデバイスが登場しています。

たとえば、おむつについている不思議なもの。実はこれ、おむつの状態を監視するセンサーです。これをおむつにつけておくと、湿り気を感知してスマートフォンに通知がきます。そう、おむつの替え時をお知らせしてくれるんですね。

これだけではありません。友人の使っている哺乳瓶も最新のデバイスです。この哺乳瓶、ミルクの温度や、赤ちゃんがミルクを飲んだ時間や量をスマートフォンに記録できる機能を持っています。ミルクを飲まなくなったなど気になることがあれば、蓄積したデータを小児科医に送信することもできます。

このように、最近はIoTの活用先として子育て市場が注目され、「Baby Tech(ベビーテック)」と呼ばれています。ラスベガスで開かれた世界最大のテクノロジーショー「CES 2018」(1月9日~12日)では、ベビーテック専用のエリアが設けられるほど。

子育てをサポートするデバイスとして、今後もどんなモノやサービスが出てくるか楽しみですね。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。