31歳女性は超安物の指輪に耐えるべきなのか

結婚・出産を優先するべき?別れるべき?

結婚指輪についての考え方の相違から、彼への思いが一気に冷めてしまいました(写真:tudio4pic / iStock)

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は
専用メール専用サイトで受け付けています。

現在交際中の彼は35歳、私は31歳です。結婚指輪についての考え方の相違から、彼への思いが一気に冷めてしまいました。彼の実家に初めて招かれた日、彼は私にまだプロポーズもしていないのに、突然彼のご両親に、私と来年結婚すると宣言しました。その後も、いまだにプロポーズなし、私の両親へのあいさつもなしです。
そんな状況で、彼から指輪のサイズを見に行こうと誘われました。サイズを見に行くだけと言っていたのに、なぜかその日、彼はさっさと買ってしまいました。婚約指輪が先では?とか結婚指輪はどうなるのかと不安でしたが、喜ぶ彼を前に何も言えませんでした。
後日彼に、サイズを見に行くだけと言った日に何故買ったのかと問うと、これはサプライズで渡すものだろう?と言うのです。そして「結婚指輪はこれでいいよね?」と言われました。私は、婚約指輪は経済的に無理だろうから、この指輪とは別に結婚指輪はちゃんと選んで買ってほしいと言いました。そうしたら「指輪喜んでないの?」「支払いは俺がするから、お前1人で指輪選んでこいよ」と、機嫌を損ねてしまいました。
買った指輪も、各2万円くらいのもの。そんな指輪をこれから一生つけるのかと思ったら、一気に彼への思いが冷めてしまいました。結婚指輪は一生物だから、シンプルでも私なりの夢がありました。指輪を一緒に選ぶ時間も共有できないうえに安いブランド名が入ったペアリングが結婚指輪なんて、友だちに見られるのも嫌です。指輪なんてただの輪っかですか? サプライズって、サプライズされた側が喜ぶサプライズを考えますよね? そのこと以外は一緒にいて楽しいので、彼と結婚したいと思っていますが、30過ぎて結婚・出産を焦っている私には、彼が素敵に見えるようなフィルターが付いてしまっているのでしょうか?
チビネコ

今は小さなすれ違いだが…

今回のテーマは今のところ、小さなすれ違いですが、世にいう“性格の不一致”には、このような微妙な価値観のズレが積み重なった結果である場合が多いようです。

この連載の記事一覧はこちら
 

本質以上に、外見や体裁を重んじる人に対し、パートナーがそれらに無頓着である組み合わせはよくありますが、どちらかが大幅に譲歩できるか寛容な性格でないと、神経戦の日々が待っているだけです。当面はその性格を見越してあなたが主導権を握れる関係に持ち込むかそれが無理なら、あなたがサプライズの上手な人を新たに探すかです。

次ページ振る舞いの器用さと性格の善悪は無関係
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT