「政治的雑音」を無視した株価上昇の危険性

唐突に終わりを迎える可能性も

世界中で台頭するポピュリズムや全体主義は、今のところ株価への重しとなっていない(写真:Issei Kato/ロイター)

世界経済は2018年も好調が続くと有力視されている。ポピュリズムや全体主義が台頭し、長期的な経済成長の基盤となる民主主義は危険にさらされているが、今のところ株価への重しとはなっていない。どういうことか。

経済の世界同時回復が進んでいる最大の要因は、リーマンショックが落とした長い影から世界経済が脱したことにある。しかも、この回復はまだ終わってはいないのだ。10年にわたって停滞が続いた設備投資は増加に転じている。これは将来の経済成長や生産性向上の布石となるものだ。

政治的雑音はそれほど影響を及ぼしていない

米連邦準備制度理事会(FRB)の後継者人事で、トランプ米大統領は極めて適格な人物を指名した。欧州中央銀行(ECB)については、イタリアやスペインの経済をテコ入れするために行われてきた緩和策をドイツのタカ派がやめさせようとしたが、もくろみは失敗。ユーロ圏においてECBが持つ圧倒的な権威は維持された。投資家や政策通はこれらを好感している。

独保険大手アリアンツの経済顧問、モハメド・エルエリアン氏が指摘するように、投資家の多くは、すべては中央銀行次第だと考えている。金融政策の独立性が維持されているかぎり、政治的雑音は無視して構わないというスタンスだ。

確かに、少なくとも今のところは、政治は従来考えられていたほどには世界経済の妨げとはなっていない。だが、政情が大きく変われば、その長期的なダメージは想定以上に深刻なものとなる可能性がある。リーマンショック後に起きた政治的分断によって、長期的な政策に対する不安定さは大きく増している。各国政府は左派と右派の間を揺れ動いている。

次ページ厄介なことも起こっている
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。