欠陥だらけの「トランプ減税」が抱える問題

トランプ政権がブチ上げるような効果はない

トランプ政権は、減税によってさらなる経済成長が見込めるとしているが・・・・・・(写真:Joshua Roberts/ロイター)

低下する経済成長、拡大する格差、迫り来る財政危機。トランプ米大統領や共和党議員には、税制改革によってこれら3大問題に対処するチャンスと責務があった。だが、残念なことに彼らは責務を怠り、チャンスを台なしにする法案を通過させたのだ。

米国の公的債務がすでに戦後最悪の水準にある中で、この税制改革によって財政赤字は今後10年間でさらに1.5兆〜2.2兆ドル(約165兆〜242兆円)悪化する。所得と富の不平等が急拡大している中で、減税額の8割が1%の超富裕層に回ると推定されている。

成長率の押し上げ効果はかぎられている

しかも、経済が8年以上にわたって緩やかに拡大を続け、労働市場が完全雇用に近づいている中では、減税が持つ景気浮揚効果はわずかなものにとどまるだろう。

確かに、大規模な法人減税は長年の懸案だった。投資は喚起され、国内外の企業が米国で事業を行う動機も強まるだろう。しかし、成長率の押し上げ効果は、トランプ氏や同氏の経済ブレーンが喧伝する「年率1%ポイント以上」を大幅に下回ると、圧倒的多数のエコノミストが予測している。

経済成長に伴うトリクルダウン(富者が富めば貧者にも富が滴り落ちるとする効果のこと)によって「平均的な世帯の年収は極めて控えめに見積もっても4000ドル(約44万円)増加する」とトランプ政権はブチ上げるが、これを裏付ける根拠は何もない。

次ページ「トランプ減税」の問題点は
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。