北朝鮮「核開発の資金源」は一体どこなのか

国連制裁の最前線で実際に起きていること

制裁決議だけでは事態は好転しない(撮影:福田恵介)

2017年11月29日未明、北朝鮮が発射したミサイルは、日米の防衛当局に衝撃を与えた。なぜならこの時発射された「火星(ファソン)15型」は、アメリカ本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)だったからだ。

ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は12月22日、北朝鮮への新たな経済制裁決議を全会一致で採択した。新たな制裁の柱はガソリンやディーゼル燃料、灯油などの石油精製品の年間供給量の上限をこれまでに比べ9割削減するものだ。

また決議案では、北朝鮮の資金源を断つことを目的に、食品や機械、電気機器、マグネサイトなどの鉱物類、木材などを禁輸対象に加えた。履行されれば、過去の制裁とあわせ、北朝鮮はほぼすべての品目で輸出ができなくなる。そう、ちゃんと履行されさえすれば……。

なぜ彼らは核兵器やミサイル開発を続けられるのか

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

考えてみれば、おかしな話ではないだろうか?

北朝鮮に対する国連決議は過去1年余りだけでも4回も行われている。

だが、これだけ各国が北朝鮮を非難し、何度も制裁措置を科しているにもかかわらず、なぜ彼らは核兵器やミサイル開発を続けられるのだろうか?

実は制裁決議だけでは事態は好転しない。加盟国がしっかりと履行してはじめて制裁は効力を発揮するのだ。国連で決議されたと聞くと、我々はそれで何か事がすんだかのように錯覚しがちだが、安保理決議はあくまで始まりに過ぎない。

北朝鮮 核の資金源 「国連捜査」秘録』は、国連制裁の最前線で何が起きているかを当事者が初めて白日の下にさらした貴重な1冊だ。本書を読んで北朝鮮問題についていかに上っ面の知識しか持っていなかったかを痛感した。ここに書かれていることは、日本で暮らすひとりでも多くの人が知っておくべき事実である。

次ページさまざまなルートで北朝鮮とつながっている
関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。