2018年の心構え、原油とユーロを追いかけて

原油価格の動向が金融政策のカギを握る

2017年11月末に、OPEC加盟国とロシアなど非加盟産油国は協調減産の2018年末までの延長で合意している(写真:ロイター/アフロ)

2018年の干支による株式格言は「戌(いぬ)笑う」で、株式市場では一段の上昇期待がある。実際に年始は大笑いのスタートで、日経平均は2万3000円台が定着した。1949~2016年で日経平均株価の年間騰落率を見ると、12種類の干支のうち戌年は第7位で9.1%高(該当5回のうち、年間の勝敗は4勝1敗)と、直近3年の未(ひつじ)7.2%高、申(さる)8.8%高、酉(とり)14.4%高と比べると、強い酉の後でも強さは続くというアノマリーだ。この先、多少は叱られて半泣きする局面もあろうが、最後は笑う状況をイメージしやすい。

中国経済と原油価格の安定が貢献した

この連載の過去記事はこちら

2018年を考える前に、まずは2017年を簡単に振り返ってみたい。2017年に注目されたことは、(1)トランプ政権の1年目(人事混迷、予算審議に振り回された)、(2)FRB(米国連邦準備制度理事会)が金融正常化を進めたこと(年3回ペースの利上げに加えて、再投資政策の縮小も開始)、(3)北朝鮮問題(ミサイル発射、地政学リスク)、(4)中国経済(秋の共産党大会もあり堅調持続)、(5)原油価格(総じて安定、年後半はじり高)の5つだろう。

(1)では、大統領選挙後からの過度な期待は春には剥落。9月の債務上限引き上げ期限は、ハリケーン対策で乗り切った。(2)は市場の当初予想よりも淡々と利上げを継続。景気回復でも物価伸び悩みの状況下、米長期金利は2%台前半にいる時間帯が長かった。低金利というフォローの風のもと、米株は2018年になっても最高値を更新している。(3)は今もくすぶり続けるリスクだ。2017年10月以降の日本株上昇の背景の1つは、地政学リスクがいったん和らいでいること。(4)と(5)は、2015~2016年とは状況が大きく異なり、これらがゴルディロックス相場に貢献したと言えよう。

次ページ2018年のテーマ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT