装甲車でコンビニに突っ込み、ワイン1本盗む

ロシアの小都市で20代後半の男

 1月10日、ロシアの北極圏近くの小都市アパチートゥイで早朝、20代後半の男が盗んだ装甲車でコンビニエンスストアに突っ込み、ワイン1本を盗んで逮捕される出来事があった(2018年 ロイター/Albert Borkin)

[モスクワ 10日 ロイター] - ロシアの北極圏近くの小都市アパチートゥイで10日早朝、20代後半の男が盗んだ装甲車でコンビニエンスストアに突っ込み、ワイン1本を盗んで逮捕される出来事があった。

地元メディアの報道と、ソーシャルメディアに投稿された動画などを総合すると、男は現場近くの民間の自動車練習場から歩兵輸送用装甲車を盗み、森林を通り抜けて町に乗り入れた。狭い通りで方向転換ができず苦労した後、前進して店舗のウィンドーに突っ込んだ。

目撃者は、男が酔っていたと証言した。投稿写真には、近くに駐車していて破壊された乗用車も写っている。

動画で男は、車両を下りて損傷状況を確認し、壊れた窓から店舗に侵入した。

報道によると、男はその後、盗難ワインの所持容疑で逮捕された。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。